ちびっ子お笑い七変化 少年KABUKI 西村拓哉くん日記

2018年5月4日〜6日の3日間、関西ジャニーズJr.の道枝駿祐くん、長尾謙杜くんが座長を務め、嶋﨑斗亜くん、大西風雅くん、西村拓哉くん、岡﨑彪太郎くんが出演する舞台
『ちびっ子お笑い七変化 少年KABUKI』が開催されました。

ありがたいことに、仕事が休みの5月6日3公演とも入ることができたので彼らの勇姿を最後まで見届けることができました。

◯オープニング
私的初日の幕が開き、そこにはみちなが以外の4人の姿がありました。

4人だけでアクセントダンス、一人一人ソロでのフリーダンス。
拓哉くんがステージのど真ん中で、一人で、スポットライトを浴びながら踊ってる姿を見たときに涙が止まりませんでした。
拓哉くんを推し始めたのは最近のどどど新規の私だけど、その数ヶ月でもダンスが上手くなってるし、本当に6人に選抜されてる、と改めて思いました。
百花繚乱

扇子を使うパフォーマンス、青い扇子を回したり咥えたり、とにかく手の先の先まで神経が通っててすごく美しかった。6人の中でもダンスの上手さが際立ってて、ダンスの面で5人をすごく引っ張ってた印象です。
口上
「現役中学生のサッカー少年!
若くて元気な風を 西から吹かせます!
西の拓哉はこの俺よ!
ニシタクこと 西村拓哉!」

声も特に低くなってなくて、まだまだ舌ったらずなところは残ってたけど、はっきりとした喋り方ですごく堂々としてました。
雅、誘う

巨大扇子と和傘を使ったパフォーマンスを。
紫のファーのついた着物とピンクの和傘がとっても似合う拓哉くん。

とにかく傘の使い方が美しい。傘の柄を咥えるところは、さすがに咥えるところが太くて必死に咥えてる姿がかわいく思えました(笑)
あとは長い金のピラピラを上から下にばーって落とすよくあるやつを、下で斗亜くんのを受け取る係をしてた拓哉くん。
誘うではふがとあの背中合わせがあるので、わくポイント。
青い山脈
下駄でタップダンスをするゲタップ。

前の方じゃないもんで、一番見たい足を見ることができなかったのが残念だけど、全神経が集中してる感じが伝わってきました!
白虎隊
とにかく表情の作り方が格段と上手くなってました。
「そんなこと言うなしんのすけ(斗亜)」
鶴ヶ城は難攻不落のもと、城に立てこもって敵を迎え討とう」
「あれは官軍、会津の国を荒らす憎い敵だ」

とにかくシリアスなこのシーン。傷だらけになりながらも敵軍と戦う姿、敦賀城が燃えてしまい"生きるが恥"となり、しんのすけの一言で自害をすることになると自分のお腹に刀をグサ…
とにかくセリフのないところでの演技もすごく上手くなってました。
MASK

長尾くんのバックで踊る4人。黒のTシャツに黒のズボン、顔にマスクはめてるから誰かわかんない…と思うけど4人ともわかりました(笑)
シンプルな衣装かつ顔が見えないからこそ際立つ拓哉くんのダンスの上手さ。マスクから覗く拓哉くんの目がものすごくくりくりしててちょっとかわいいとか思ってしまったんですけど、とにかくキレのあるダンスに魅了されました。
和テイストから突然始まるジャニーズ衣装での
愛されるよりも愛したい

みちなが2人のシンメ信頼度合いがこの舞台によってより一層増してるなあって感じる1曲です。
赤衣装のみっちー、青衣装の長尾くん、会場が赤と青(ピンクと黄色も少し有り)で染まる感じがすごく感動しました。
そのあとは他4人での
紅く燃ゆる太陽
パステルカラーのチェック衣装がとにかくかわいい!!

拓哉くんは水色でした。2017年夏よりも、2018年春よりも、さらにさらにスキルアップした紅く燃ゆる太陽はものすごくかっこよかったです。
斗亜風雅拓哉彪太郎+琉巧川北の6人でもらった初めてのメイン曲。今回は4人だけだけど、思い出の曲としていつまでも大切にしてってほしいなと思いました。
突然現代調になったかと思いきや、またまた和テイストに戻り
山寺の和尚さん

一休さんの格好で坊主のカツラを被り、みちながで歌う山寺の和尚さんはとにかく楽しそう!!長尾くんはちょっとシュールにキメていました(笑)
歌が終わると同じ格好した残りの4人も呼び
一休さん大喜利

みっちーがお題を出す人で他5人がお坊さんに。
「一休!」「二休!」「三休!」「四休!」「(五休が日替わりネタ)」
大喜利はスタート!
お題を出すときに必ずセルフ効果音を出してくれる拓哉くん「デデン!」
ガヤは積極的に行います。誰かがスベるととにかくリアクションを取って盛り上げてくれます。
自分の番の時は怖いもの知らずで、全力でスベりに行きます。そして全力で胸キュンをします。きゃーを求めたがりです。
とにもかくにも、すべてにおいて前のめりな姿勢で大喜利に挑む姿は、関西Jr.にとって必要不可欠な存在です!!
胸キュンでカツラを外し、髪の毛を整えるためにわしゃわしゃする姿は、いくら中学3年生だからといってキュンとします。そしてカツラをかぶるときに前髪をオールバックにしてからかぶる姿にもさすがにキュンとします。中学3年生恐るべし……
次の出番があるためプンスコしながらはけていくときも、毒舌を吐き捨てていくので見所満載です。
みちながとあで少しだけ大喜利をしたあと、みちなが2人だけのMCがあり
雁金男5分の2
雁金男の一人 雁金文七役には道枝駿佑
雁金男の一人 案の平兵衛役には長尾謙杜
なんでも金でものを言わす悪人 五太夫役には岡崎彪太郎
それに仕えし武士 野田角左衛門役には西村拓哉
富田屋役には大西風雅
おたきと恋仲にある権六役には嶋﨑斗亜

富田屋の娘おたき役は知らない女の子

✄ - - - - - - - - - - - - - ✄ - - - - - - - - - - - - - - ✄
(下記は拓哉くんの台詞)
おたきのことが気に入った五太夫
「あれは確かに美しい娘。気立てもええ。この際五太夫様のものにされてはいかがですか?」
おたきを身請けするために富田屋に50両払うという五太夫
「現在の貨幣価値で一両が大体8万円くらいだと言われているので、50両といえばザッと400万!それぐらいの大金をパパッと払うとは、さすが五太夫殿!五太夫殿!五太夫殿!五太夫殿!」
おたきを返してほしいという権六のお腹を殴り
「口ほどにもないやつが、あほ『(斗亜)あほちゃう!』あほ。『(斗亜)あほ言う方があほや!』あほ。どあほ。(日替わり)」
富田屋が"50両あったら"の作文を読み終わると
「約束の50両や。何してはったんや?」
「いや実はわしも50両あったらな〜〜おもて…作文書いてきたんや!ちょっと聞いてくれや。」

「もし50両あったら、野田角左衛門。もし僕が50両もらったら、あんなお尻ばっか振ってる気色悪い五太夫なんかに従わず、世界中の人たちに配って世界を平和にしたいなあ。そして未来のお嫁さんにいろんなものを買ってあげるんや。〇〇にしようかな〜?〇〇にしようかな〜?いや、〇〇にしよう!(日替わり)」
「いやわしな、実はええ人やったんや!」
太夫が雁金男にやられてると聞き駆けつける
「50両届けに行ったらあの富田屋が妙なことを言うもんで、一目散に駆けつけたら。相手があの雁金文七、案の平兵衛と聞きゃあ、この刀も喜ぶってもんでさあ。」
このあと雁金文七、案の平兵衛との殺陣のシーン。


結果負け、おたきに近づくなと言われ
「武士の名にかけて」

✄ - - - - - - - - - - - - - ✄ - - - - - - - - - - - - - - ✄

Feelin' good
和装で踊るFeelin' good

とにかく楽しい!!!!かわいい!!!
ピースとかお手振りとか、突然いつもの拓哉くんが垣間見えてなんとなくホッとした瞬間でした。
お札を舞台袖に取りに行き、舞台を降り7列目上手で振りまくのを待機してる姿を、真横で見られて、お肌の隅の隅まで見れて、そのお札が私の膝に降ってきて、とても幸せでした。


無事千穐楽の本編が終わるも拍手が鳴り止まず、6人が登場して一人一人挨拶してくれました。
みっちー、風雅、と挨拶し次は拓哉くんかな?って思った時、拓哉くんは目に涙を溜め上を向いていました。
みっちーが「どうした?」と聞くも震えた声で「大丈夫。」と答える拓哉くん。
とりあえず飛ばして彪太郎の挨拶が終わると、目はうるうるさせながらもしっかりと挨拶しました。
「西村拓哉です。今日はちびっ子お笑い少年KABUKI…ちびっ子お笑い七変化少年KABUKIにご来場いただきありがとうございます。今回風雅、僕、道枝くん、長尾くん、斗亜、彪太郎のメンバーでやらせてもらって、道枝くんと長尾くんに負けないぞって気持ちで僕たち4人も食らいついてたんですけど、リハーサル中何度も怒られてて、そんな未熟な僕たちもみんなで協力して作り上げた自信作になってます!この公演を千穐楽までやり遂げれたことを誇りに思い、ファンの皆さん、スタッフの皆さん、そしてメンバーのみんなに感謝の心を忘れずにこれからも頑張って行きたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします!」
贔屓目なのかもしれない。でもそれでも拓哉くんの挨拶が一番しっかりしてました。
6人に言えること、特にみっちーと長尾くんは座長も務めててものすごい責任を背負ってて不安だったとは思うけど、舞台に立つ6人はとても頼もしかったです。
松竹座で見ると小さく見えた6人だけど、全然小さくなかった!!!!
頼もしさが余計大きく見えたのかな??
これは次のお仕事に絶対繋げれたと思うよ!
こんな機会、めったにないと思うけど、ぜひまた次こういう機会があったらいいなあと心の中でずーっと思ってるね♡
お疲れ様でした!!!